採用後に内々定が取り消されてしまった話【こんな会社嫌だ】

採用後に内々定が取消されてしまった事例【こんな会社嫌だ】 会社辞めたい

内々定をもらってたのに、急に取り消されてしまったんだ。

こんなことってあるの?

たんたん
たんたん

いろんな理由で内々定が取り消されてしまうことは、結構あるんだ。

弁護士の僕が、採用後に内々定が取り消されてしまった人の事例を紹介するね。

この記事の対象者

  • 内々定が取り消されてしまった人
  • 内々定が取り消されるか不安な人

この記事でわかること

  • 内々定取消の実際の事例【弁護士解説】
  • 内々定取消の対処方法【弁護士解説】

内々定の取消「信じてたのに、裏切られた!」

内々定をもらって安心していたら、内定日のわずか数日前に内々定を取り消されてしまった。

こんな入社できると信じていたのに、裏切られてしまったという事例を紹介します。

説明会、適性検査、面接試験を受けたNさん

Nさんは、大学4年で就活シーズンに入りました。

そして、×年4月にX社の就職説明会に行きました。

うんうん。私この会社に入りたい!

こうして、Nさんは、X社の適性試験と面接試験を通過して、5月ついに最終面接まで進んだのです。

ついに内々定をゲット

そして、×年5月30日・・・

X社からNさんに次のような通知が届きました。

採用内々定のご連絡

今回は当社求人へご応募頂き誠にありがとう御座いました。厳正なる選考の結果,貴殿を採用致すことを内々定しましたのでご連絡致します。

正式な内定通知授与は×年10月1日を予定しております。

 

やったー。これでつらい就活は終わりだー!

 

Nさんはすぐに同封されていた入社承諾書をX社に返送しました。

入社承諾書

貴社に入社しますことを承諾致します。

リーマンショックによる景気の急激な悪化

ところが、その後リーマンショックによって景気が急激に悪化したのです。

Nさんは、

私は内々定を得ているんだから大丈夫だよね・・・ほんとに大丈夫かなあ・・・

と少し不安になりました。

 

その後、7月30日、X社の説明会に行くとNさんの不安は消え去りました。

 

説明会でX社の担当者から、

 

リーマンショックによる入社の取消はしないよ。うちは大丈夫!

 

と言われたのです

 

また、×年9月25日には、X社からNさんに、予定通り10月2日に内定通知授与を行うと電話が来ました。

 

これでNさんは完全に安心しきっていました

ところがわずか4日後・・・

ところがわずか4日後・・・

X社からNさんの元に、こんな通知が届いたのです!

採用内々定の取り消しのご連絡

来年度の新規学卒者の採用計画を取り止めることといたしました。

つきましては,採用内々定の件,誠に申し訳御座いませんが,取り消しさせていただくことになりました。

大変残念な結果となりましたが,何卒,弊社の事情をご賢察いただけますようお願い申し上げます。

え!なんで!どういうこと!だって4日前の電話では・・・

Nさんは、急な内々定取消にショックを受けてどうすれば良いかわからなくなりました。

X社に抗議のメールを送ったりしましたが、詳しい説明は一切なく、ついにX社に入社することはできませんでした

 

急に内々定取消なんておかしい。数日前まで大丈夫って言っていたのに!訴えてやる!

 

とX社に対して裁判を起こしました。

裁判で内々定取消はおかしいと訴える

 

Nさんは、地裁・高裁と裁判で争いました。

就職が遅れたことによる1年分の収入と、精神的苦痛の慰謝料を求めたのです。

 

そして、裁判所から次のような判決が出たのです。

判決

  • X社はAさんに慰謝料を50万円払え。
  • 就職が遅れたことによる収入は払う必要はない。

理由

  • Nさんに入社できると期待を抱かせたのはいけない
  • しかもNさんはX社に入社できると信じて就活を辞めた
  • X社は内定日の直前までNさんに内々定取消を教えなかった
  • だから、慰謝料は払う必要がある
  • でも、内々定は、内定と違って労働契約は成立していない
  • だから、就職が遅れた分については補償する必要はない

 

慰謝料は認められた!X社の内々定取消がいけないことだってわかってもらえてよかった!

※注意点 以上の事例は、実際の裁判例を一部改変しています。また、一般の方にわかりやすいように、裁判の結果とその理由は簡略化しています。

内々定の取消にあったら就職活動を再開し、会社とは戦うのも視野に!

Nさんの事例でみたとおり、内々定は、内定とは違います。違法に取り消しをされたときに裁判で争っても、その会社には入社できない可能性が高いです。

なので、少しでも損失を減らすためにも、内々定を取り消されてしまったら、すぐに就活を再開しないといけません。

また、会社と戦えば慰謝料をもらえる可能性もあります。

 

もちろん、会社と戦ってでも、入りたい会社の場合には、入社を目指して争うこともあり得ます。最近では内定を取り消された女子アナウンサーが、テレビ局と裁判をして、入社することで和解した事例がありましたね。ただ、これは内々定ではなく内定まで進んでいたらしいですが・・・

この記事を書いた人
たんたん

職業:弁護士・個人事業主・ブロガー
趣味:漫画・筋トレ・投資・節約

お金(投資・節約・クレカ・ポイ活)と仕事(個人事業主・フリーランス・お仕事漫画・会社辞めたい人の話)などの役立つ情報をお届けしたいと思っています。

たんたんをフォローする
会社辞めたい
たんたんをフォローする
マネトリ

コメント

タイトルとURLをコピーしました